インプラント

インプラント

インプラント(人工歯根)
-それは、現在における第3の永久歯-
インプラントが、あなたの食生活を豊かにします。
健康でいつまでも自分の歯で咬める喜びをあなたも実感しませんか?
当院のインプラント治療は怖くありません!

  • 入れ歯になってから食事がおいしくない!
  • 徐々に歯がなくなってきて心配だ!
  • 他歯科医院で、無くなった歯を補うために両隣の歯を削ると言われた!

この様な事でお悩みの方は、インプラント治療がお勧めです。
当医院のインプラント治療は、咬み合わせからしっかり考慮し、
見た目(審美性)も天然の歯と区別がつかない物となります。
インプラントは、正しい治療方法で行えばすばらしい治療法ですが、間違った治療を行うとやり返しが効かなくなります。
ここでは、インプラント治療の正しい知識をご提供したいと思います。

インプラントとは?

インプラント治療は、歯の根の部分も保存できなくなった方の骨の中に、体に親和性が高く、強度的にも咬み合わせの力に耐えられるチタンという金属でできた人工歯根を埋め込み、まるで天然の歯がもどったかのように咬めるようになる治療方法です。

チタンの表面には、特殊な加工が施してあり、顎の骨とオッセオインテグレーション(骨結合)が成され、細胞レベルでの一体化が起こります。
現在、安全性も確立されており、なくなった歯を補う治療として最も画期的な治療方法です。

当医院に適している方

  • インプラントを生涯お付き合いしていくものと考えている方
    (咬み合わせや歯周病のケアも同時に行います)
  • 他医院にて、骨がないためインプラント治療が不可能と言われた方
  • 出来るだけ術後に痛みや腫れの少ない安全なインプラント治療コンピュータガイドシステムをご希望の方
    (症例によっては、適応出来ない場合があります)
  • 前歯領域のインプラント治療における審美性を追求される方
    (見た目も綺麗にしたい方)

インプラント治療は今やすばらしい治療方法ですが、魔法の治療ではありません。
患者様の術前診査や術後のメンテナンスに対するご協力があってこその治療方法です。
インプラントがどういった物かを詳しくお知りになりたい方は、ご相談だけでも遠慮なくご来院下さい。

お問い合わせ・ご予約
TEL:089-934-4618
ネット予約

インプラント治療の流れ

インプラント手術は、局部麻酔下で行われ、あごの骨にインプラント体(人工歯根)が埋め込まれます。
手術後の治療期間に、インプラント体と骨をしっかり結合させ、その後にアバットメント(支台)、人工歯をインプラント体に取り付けます。
インプラントを長期的に維持させるには、インプラント治療した部分に限らず、口腔内全体を衛生的に保ち、定期検診を受けることが不可欠です。

1)診査と治療計画
まず、患者さんの全身状態の問診と口腔内の状態の診査を行います。
あごの骨の量と質を記録するため、口の中の型を取り、レントゲン・CT撮影を行います。
これらのデータを用いて、一人ひとりの患者さんに適した治療計画を立案します。

2)インプラント体の埋入と治癒
局部麻酔をかけて、インプラント体を埋め込みます。
インプラント体と骨が結合するまで、期間をおきます。
※治癒期間は、インプラント体の種類、骨の健康状態、体調によって異なります。

3)アバットメント(支台)の装着
インプラント部分の精密な型取りを行います。
患者さんに適したアバットメントのデザインを選択し、装着します。

4)人工歯の装着
アバットメントに適合し、患者さんの歯の形と色に合わせた人工歯を作ります。
口腔内にぴったりと合うことを確認し、インプラント体の上に取り付けます。

5)治療後の歯磨きと定期検診
天然歯と同様、毎食後及び就寝前に、丁寧に歯磨きをしてください。
(歯ブラシは柔らかいものを使用し、定期的に交換してください。)
歯科医師による定期的なメンテナンスを受けてください。

お問い合わせ・ご予約
TEL:089-934-4618
ネット予約

治療において気をつけていること

安全で確実なインプラント治療を行うために、当医院では術前の精密検査を重視しております。精密検査の結果のもとにご納得いただけるまでしっかり相談致します。

患者様へのメッセージ

私達は、患者様の笑顔が一番です。10年後20年後も笑顔でいられるためにサポートさせていただきます。

世界で初めてインプラント治療を受けられた患者様の現在

1952年にブローネンマルク博士により、チタンという金属と骨が細胞レベルで結合する事が発見され、実用化するための研究が13年にわたり行なわれました。
あらゆる研究の末、人体への悪影響がないことが証明された後に、1965年、世界で初めてのインプラント治療が患者様に施されました。
その後、40年間(生涯)にわたり、インプラントは正常に機能したという事です。

インプラントの長期残存率

インプラント治療は、正しい審査診断のもとに行なわれた場合、天然の歯牙に近い長期残存が可能です。
一般的な臨床データとして、20年間で上顎が90.0%、下顎が92.3%の残存率があり、当院の院長による実績データとしては過去6年間で98%の残存率が証明されています。
また、5年間正常に機 能したインプラントはその後、極めて高い残存率を誇ることも証明されました。
これらの残存率は、患者様のメンテナンスに対する意識を高めていただくことにより、さらに向上するものと確信しております。

無料相談受付中

©  KANEKO DENTAL OFFICE All Rights Reserved.
PAGE TOP