インプラント治療の流れと治療期間

-検査~手術~かぶせ物まで-
インプラント治療の流れ。

インプラント治療では、あごの骨に人工の歯の根っこを入れます。
その後、インプラントが骨と接着するまでの時間があるため、かぶせ物が入るまで2~3ヶ月かかります。

治療期間の説明をする前に、まずはインプラント治療の流れを見てください。

動画で見るインプラント治療の流れ

分かりやすいよう、インプラント治療の流れの動画をご用意しました。

静止画で見るインプラント治療の流れ

1)検査と治療計画

まず、あなたの全身状態を把握するためお話を聞かせてください。 次に、お口の中の状態を診させていただきます。 その後、あごの骨の状態を確認するために、お口の中の型を取り、レントゲン・CTスキャンを行います。

これらのデータを用いて、あなたの状態に合わせた治療計画をお話しします。


2)まずはお口の中の清掃

清掃がしっかり出来ていない状態でインプラントを入れるとインプラントが長持ちしません。

まずは綺麗にお口の中の清掃を行います。 歯周病になっている場合にはこの段階で先に歯周病治療を行います。


3)インプラント手術

インプラントを入れる手術を行います。 骨にインプラントを入れるとなると驚かれるかもしれませんが、歯を抜く時と同じように局所麻酔で行える手術です。

手術後、インプラントと骨が接着するまでの期間をおきます。

接着までの期間は、通常1~2ヶ月です。 インプラントの種類や骨の健康状態、患者さんの体調などによって変わってくるので、どのくらいの期間がかかりそうかは手術前に患者さんごとにご説明します。


4)かぶせ物の土台の装着

インプラントの上にかぶせ物を入れるための土台を装着します。

インプラント部分の精密な型取りを行い、あなたのお口の状態に合わせた土台(アバットメント)を装着します。


5)かぶせ物の装着

セラミックのかぶせ物を作ります。

セラミックは人工の白い歯です。 より自然な口元にするためには、白いだけでなく隣の歯と色調と合わせることが大切です。

こちらでしっかりとお口の中を確認し、色と形を合わせたかぶせ物を作ります。 この時に噛み合わせのチェックも行います。


6)治療後の歯磨きと定期検診

インプラント治療は手術を終えてかぶせ物が入って終わりではありません。

長持ちさせるには他の歯と同様に定期的な手入れが必要です。 放っておくとインプラント周囲が炎症を起こして、せっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

末永くあなたの食生活を支えるために、必ず歯医者での定期的なメインテナンスを受けてください。

治療期間が伸びるケース

通常、インプラント治療が完了するまでの期間は2~3ヶ月です。 ですが次のような場合には治療期間が延長します。

歯周病が進行している場合

当院ではインプラントを長持ちさせるために、インプラント手術前に必ず歯周病の治療を行います。

歯周病の治療期間は、歯周病の進行具合によって大きく変わってきます。 軽度の方であれば1~2ヶ月の治療、重度の場合は半年から1年近くかかる場合があります。

歯周病のままインプラントを入れてしまうと、インプラントの寿命が縮んでしまいます。 お待たせしてしまうことになりますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

赤く腫れた歯ぐき

あごの骨が足りない場合

歯周病などであごの骨が足りない場合には、そのままではインプラントを入れることができません。

まずは骨を増やす手術を行う必要があります。

手術後、インプランを行うのに十分な骨ができてくるまでの期間に6~10ヶ月ほどかかります。

あごの骨が足りない状態

インプラント治療のご相談受付中

インプラント治療は高額の治療のため、まずはじっくりお悩みを聞かせていただき、患者さんご自身がしっかりと納得してから治療を受けていただきたいと考えています。

どんな風に噛めるようになるのか、他の治療をした場合にはどうなるのか、手術への不安など、まずはお話を聞かせていただければと思います。

ご相談のみの場合には料金は頂戴しておりません。 まずはお気軽にご相談ください。 ネット予約からも「インプラント相談ご希望の方」を選んでいただくとご予約できます。